春の沖縄遠征(2020-3月)淡水3 チュラテナガエビ発見!!

こんにちは、Crazy Shrimp管理人の ebinaです🦐

今回は、沖縄遠征の離島での淡水エビ採集報告をします。
1種当たりの写真の枚数が多めですので、前半と後半に分けて紹介していきます!
▼前回の記事はこちら▼

f:id:ebina-1:20200507162248j:plainf:id:ebina-1:20200507162306j:plain
ミナミオニヌマエビ Atyoida pillipes

最上流域に生息する種。こんな見た目でもヌマエビです!!
つぶれたようなダサい顔をしていますが
これは、激流の中で生息するために特化したものです( ゚Д゚)/
下の写真 ↓

f:id:ebina-1:20200507163721j:plain
このように岩に張り付いて、流れてくる餌を食べているということですね。

f:id:ebina-1:20200507165013j:plainf:id:ebina-1:20200507164448j:plain
オオバヌマエビ Caridina macrodentata

最近、和名がつけられたヌマエビ。和名(オオバ=大歯)のとおり鋸歯が大きい。
トゲナシヌマエビと混じって採集できましたが、数は多くはないです。 

f:id:ebina-1:20200507170154j:plainf:id:ebina-1:20200507170202j:plain
ツブテナガエビ Macrobrachium gracilirostre

前回の記事でも載せましたが、立派だったのでもう1回登場()
本島だと激レアですが、離島だと割と普通にいます(多いとは言ってない)。 

f:id:ebina-1:20200507171214j:plainf:id:ebina-1:20200507171356j:plain
チュラテナガエビ Macrobrachium sp.

まさか採集できるとは思わなかった、幻のテナガエビ \(≧▽≦)/ 
2枚目は、リリース後のやらせ写真ですが白く輝く掌部がなんとも美しい!!
個人的な意見ですが、海外で記録されているM.horstiiと瓜二つな気がします。

f:id:ebina-1:20200507172059j:plainf:id:ebina-1:20200507172221j:plain
コツノテナガエビ Macrobrachium latimanus

最上流に生息するテナガエビで、遡上力が半端じゃないっす()
名前の通り、額角も短ければ、第2胸脚腕節も極端に短い。(テナガエビとは?

f:id:ebina-1:20200507172837j:plain
コツノとチュラを並べた結果。比べてみると、一目瞭然です。 

f:id:ebina-1:20200507173152j:plain
クロヨシノボリ Rhinogobius brunneus

全然わからないヨシノボリ類、先輩に同定していただきました。 

f:id:ebina-1:20200507182213j:plainf:id:ebina-1:20200507182254j:plain
ヤシガニ Birgus Latro 

雨の日のナイトドライブで、発見!! 道路を歩いていました。
実は、撮影後 1km程度先にロードキルされた個体が...(;゚Д゚)
速度には気を付けて運転しましょうね!!

 

とりあえず、前半はここまでとします、次回もぜひお楽しみに!

▼次の記事はこちら▼

▼これまでの記事一覧です▼