Crazy Shrimp

Crazy Shrimp is not as crazy as it sounds, but sometimes lazily and sometimes intensively, collects, researches and observes not just Japanese freshwater shrimps and prawns, but also saltwater shrimps, fish and many other aquatic creatures.

CSPL

ザラテテナガエビ Macrobrachium australe

ザラテテナガエビ Macrobrachium australe十脚目>コエビ下目>テナガエビ科>テナガエビ属 南西諸島から長崎県および関東まで記録のあるテナガエビ属の1種。日本海側では島根県からの記録があるが、これは誤同定である可能性が高いという。そのため、対馬海…

カスリテナガエビ Macrobrachium sp.

カスリテナガエビ Macrobrachium sp.十脚目>抱卵亜目>コエビ下目>テナガエビ科>テナガエビ属 日本に生息する未記載のテナガエビ類2種のうちの1種である(もう1種はチュラテナガエビ)。体長は50㎜程度と、チュラテナガエビに次いで小型な種である。 分布は…

ショキタテナガエビ Macrobrachium shokitai

ショキタテナガエビ Macorbrachium shokitai十脚目>抱卵亜目>コエビ下目>テナガエビ科 西表島にのみ生息する日本固有種である。また、日本で唯一の大卵少産型のテナガエビ類であり、レッドデータおきなわでは絶滅危惧Ⅱ類に指定されている。 和名・学名は…

ツブテナガエビ Macrobrachium gracilirostre

ツブテナガエビ Macrobrachium gracilirostre十脚目>抱卵亜目>コエビ下目>テナガエビ科 口永良部島以南の南西諸島で記録されている美麗種で、レッドデータおきなわでは準絶滅危惧のカテゴリーに分類されている。筆者の経験上、八重山列島では個体数は少な…

オオテナガエビ Macrobrachium grandimanus

オオテナガエビ Macrobrachium grandimanus十脚目>抱卵亜目>コエビ下目>テナガエビ科 種子島以南の南西諸島に生息しているテナガエビ属の1種。和名から多くの人が大型のテナガエビと思うかもしれないが、実際はテナガエビM.nipponenseよりも一回り小さく…

サキシマヌマエビ Caridina prashadi

サキシマヌマエビ Caridina prashadi十脚目>抱卵亜目>コエビ下目>ヌマエビ科>ヒメヌマエビ属 トカラ諸島の中之島以南から記録されている体長30㎜程度のヌマエビ類で、レッドデータおきなわで準絶滅危惧種に指定されている。また宮古市で保全種、鹿児島県…

ミナミオニヌマエビ Atyoida pilipes

ミナミオニヌマエビ Atyoida pilipes十脚目>抱卵亜目>コエビ下目>ヌマエビ科>ミナミオニヌマエビ属 口永良部島以南の南西諸島や小笠原諸島から記録されているヌマエビ類。和名にオニヌマエビとつくことから大型なヌマエビであると思うかもしれないが、体…

オオバヌマエビ Caridina macrodentata

オオバヌマエビ Caridina macrodentata Cai&Shokita, 2006十脚目>抱卵亜目>コエビ下目>ヌマエビ科>ヒメヌマエビ属 石垣島、西表島および沖縄島から記録されている体長22㎜程度の小型種。 本種は2006年に西表島から採集された標本などに基づき記載されて…

スジエビ Palaemon paucidens

スジエビ Palaemon paucidens十脚目>抱卵亜目>コエビ下目>テナガエビ科>スジエビ属 沖縄島から北海道まで広く分布しているスジエビ属の1種。ただし、沖縄島の個体は養殖魚の移入に交じって琵琶湖などから持ち込まれたものとされている。(日本国内の自然…

トゲナシヌマエビ Caridina typus

トゲナシヌマエビ Caridina typus 十脚目>抱卵亜目>コエビ下目>ヌマエビ科>ヒメヌマエビ属 琉球列島から福島県・石川県まで分布しているヌマエビ類の1種。聞きなれない和名から、多くの人が珍しいエビと思うかもしれないが普通種である。 和名の通り、額…

ミナミテナガエビ Macrobrachium formosense

ミナミテナガエビ Macrobrachium formosense十脚目>抱卵亜目>コエビ下目>テナガエビ科>テナガエビ属 南西諸島から福島県、福井県まで広く分布しているテナガエビ類。ヒラテテナガエビと異なり、本州だけでなく八重山でも個体数が多い印象。 体長は最大で…

チュウゴクスジエビ Palaemon sinensis

チュウゴクスジエビ Palaemon sinensis十脚目>抱卵亜目>コエビ下目>テナガエビ科>スジエビ属 南は九州、北は宮城県まで記録がある外来のスジエビ。1969年以降に、「シラサエビ」として中国・韓国から釣り餌用に輸入されている。 日本の多くのスジエビ類…

テナガエビ Macrobrachium nipponense

テナガエビ Macrobrachium nipponense十脚目>抱卵亜目>コエビ下目>テナガエビ科>テナガエビ属 本州および九州に生息する温帯型分布のテナガエビ属の1種。本種には遺伝的に分化した3つの型(河川型、淡水湖沼型、汽水湖沼型)が存在し、それぞれ生息環境…

リュウグウヒメエビ Caridina laoagensis

リュウグウヒメエビ Caridina laoagensis十脚目>抱卵亜目>コエビ下目>ヌマエビ科>ヒメヌマエビ属 南西諸島に生息している熱帯性のヌマエビ類。近年の研究で、無効分散と思われる個体が関東でも確認されている。 和名は非常にユニークであるが、見た目は…

オニヌマエビ Atyopsis spinipes

オニヌマエビ Atyopsis spinipes十脚目>抱卵亜目>コエビ下目>ヌマエビ科>オニヌマエビ属 南西諸島に生息している、体長75㎜を超える大型のヌマエビ類。近年の研究で関東でも無効分散と考えられる個体が少数ながら記録されており、東限および北限は千葉県…

コンジンテナガエビ Macrobrachium lar

コンジンテナガエビ Macrobrachium lar十脚目>抱卵亜目>コエビ下目>テナガエビ科>テナガエビ属 琉球列島で最も優占している最大体長150mmにも達する大型のテナガエビ。死滅回遊で本州にやってくることが知られているが、おそらく温排水の影響を受ける水…

コツノテナガエビ Macrobrachium latimanus

コツノテナガエビ Macrobrachium latimanus十脚目>抱卵亜目>コエビ下目>テナガエビ科>テナガエビ属 神奈川県以南の南西諸島の最上流域に生息しているテナガエビ属の1種。内地での記録は無効分散によるものとされ、個体数は極めて少ない。 南西諸島におい…

ヒメヌマエビ Caridina serratirostris

ヒメヌマエビ Caridina serratirostris十脚目>抱卵亜目>コエビ下目>ヌマエビ科>ヒメヌマエビ属 南西諸島から関東や石川県にかけて分布する。沖縄島や西日本では比較的個体数が多いが、関東や八重山列島では個体数はあまり多くないように感じる。 経験則…

ヤマトヌマエビ Caridina multidentata

ヤマトヌマエビ Caridina multidentata十脚目>抱卵亜目>コエビ下目>ヌマエビ科>ヒメヌマエビ属 茨城県・鳥取県から南西諸島まで広く分布しているヒメヌマエビ属の1種。観賞魚店などでコケ取り用のヌマエビとして売られていることも多い。最大で体長55㎜…

チュラテナガエビ Macrobrachium sp.

チュラテナガエビ Macrobrachium sp.十脚目>抱卵亜目>コエビ下目>テナガエビ科>テナガエビ属 日本に生息する未記載のテナガエビ2種のうちの1匹(もう1種はカスリテナガエビ)体長約40mm程度とおそらく日本産既知のテナガエビ類の中では最小。未記載種である…

ネッタイテナガエビ Macrobrachium placidulum

ネッタイテナガエビ Macrobrachium placidulum 十脚目>抱卵亜目>コエビ下目>テナガエビ科>テナガエビ属 口永良部島以南の南西諸島に生息するテナガエビ属の1種。環境省レッドリストで絶滅危惧Ⅱ類に分類されているが、筆者の経験上、同著で準絶滅危惧に指定さ…

ヒラテテナガエビ Macrobrachium japonicum

ヒラテテナガエビ Macrobrachium japonicum十脚目>抱卵亜目>コエビ下目>テナガエビ科>テナガエビ属 南西諸島から石川県、福島県まで広く分布しているテナガエビ類。沖縄島~関東地方では個体数が多いが、八重山諸島や北限付近では個体数が少ない。 体長は92…

Crazy Shrimp's Photo Library

▶これまで採集してきた淡水エビの写真庫です撮影した写真だけでなく、生物の基本情報や私個人が知りたいと感じているポイントなどを踏まえながらエビを紹介します。すべて実際に採集したエビで、ほとんどは生体写真(飼育個体を含む)ですので、図鑑の標本写真…