Crazy Shrimp

Crazy Shrimp is not as crazy as it sounds, but sometimes lazily and sometimes intensively, collects, researches and observes not just Japanese freshwater shrimps and prawns, but also saltwater shrimps, fish and many other aquatic creatures.

テナガエビ Macrobrachium nipponense

f:id:ebina-1:20201219191643j:plain
テナガエビ Macrobrachium nipponense
十脚目>抱卵亜目>コエビ下目>テナガエビ科>テナガエビ

 本州および九州に生息する温帯型分布テナガエビ属の1種。
本種には遺伝的に分化した3つの型(河川型、淡水湖沼型、汽水湖沼型)が存在し、それぞれ生息環境が異なる。

河川型:河川河口~下流に生息し、小卵多産型である。
淡水湖沼型:淡水性の湖沼に生息し、大卵少産型である。
汽水湖沼型:汽水性の湖沼に生息し、中卵中産型である。

過去の文献によると、河口型および汽水湖沼型の生息域は一致し、関東以南および新潟以西に生息している。淡水湖沼型は仙台平野から西日本各地のダム湖等で見られるという。

f:id:ebina-1:20201219200935j:plain
額角歯式は 2-3+7-11/2-4 で、額角は細長い木の葉型である。
ヤリ状額角のようにも見えるが、ザラテテナガエビなどに比べ上方への湾曲が緩く、幅広である。
本種はミナミテナガエビと似るが、より額角が細長く、触角鱗に達することが多い。

また、ミナミテナガエビとは頭胸甲側面の3本の斜横線の形状から区別することが可能である。
ミナミテナガエビは太い「m」であるが、本種は線が細く、真ん中は折れ曲がる
他にも胸脚の指節長が長く下流域に生息するエビらしい特徴が出る。

経験則だが、ミナミテナガエビよりも低温に強いと感じる。

 

f:id:ebina-1:20201219213638j:plain
関東産 河川型の雌
ミナミテナガエビと同様の環境で採集されることも多いが、頭胸甲側面の3本の斜横線のうち真ん中の線が明らかに曲がっているので判別は容易である。
わかりづらい場合は、はさみに剛毛が多いという点でも同定できるが、この点を用いて同定した経験はない。

f:id:ebina-1:20201219212407j:plain
関東産 河川型の雌
腹節側面下部に少し黒色の模様が出ている。このような模様は、ザラテテナガエビ やスベスベテナガエビの雌でも見られるため、抱卵するうえで何等かの利点があるのかもしれない。

f:id:ebina-1:20201219214524j:plain
関東産 河川型(未成体)
このように斜横線が比較的まっすぐな個体は同定に悩むことがある。
加えて額角の長さからも判断が難しいため、第3胸脚の指節長が有効である。

f:id:ebina-1:20201219215118j:plain
関東産の河川型の幼体
この大きさでも、頭胸甲側面の模様から十分同定できる。
経験則だが、ミナミテナガエビの幼体は斜横線が明瞭なため区別が楽である。
また、幼体は同じ環境を好むのか1網で100以上採れることもある。

CSPLホームに戻る

 

淡水・汽水湖沼型は、未採集であるため掲載していない。
採集が完了次第、掲載する予定です。

 

参考文献一覧

・豊田幸詞, 2019. 日本産 淡水性・汽水性 エビ・カニ図鑑, 緑書房, 東京.
・諸喜田茂充, 2019. 淡水産エビ類の生活史-エビの川のぼり- Life History of Freshwater Shrimps. 諸喜田茂充出版記念会, 東京.
・吉郷英範, 2002. 日本のテナガエビ属(甲殻類:十脚類:テナガエビ科). 比婆科学 206: 1-17.
・大野淳, N. ARMADA, 1999. テナガエビ属の種と地域個体群の分化. 海洋と生物(123): 319-329.